リードメールで小遣いを稼ぐ!金柱道!


>>リードメール基礎編



 私がインターネットの世界でお金を得るようになったのは、2004年の10月からでした。1年で150万円ほど稼ぎました。

 (^^)Vそりゃー嬉しかったですよ。普段の生活以外に、一ヶ月十数万円入ってくるのですから。

でも、「もっと別の方法」で、さらに稼ぎたくなりました。
「できればノーリスク」で稼ぎたいと思いました。

いえ、もっとハッキリ言えばヽ(`Д´)ノ「一円だって自分の身銭を切るものか!!」でしたね。

そして出会ったたくさんの方法の中で「ネットで稼ぐ基本中の基本」「ノーリスクで誰にでも簡単」「コツコツやれば、必ず実を結ぶ」のがリードメールでした。


それでは、リードメールについて、一つずつユックリ説明していきますよ?



リードメールとは


まず、リードメール会社に会員登録(当然無料です!)します。
すると、リードメール配信会社から広告メールが配信されます。これを受信して、一定時間そのメールを開くとポイントが加算されます。
ポイントは、リードメール配信会社が自動集計してくれます。自分が今までいくら稼いだか、いつでも自分のポイントを確認できますので安心してください。
ポイントが一定量たまるとリードメール配信会社は、それを換金して皆さんのの銀行口座に振り込んでくれるという報酬システムです。



なんでお金をくれるの?


リードメール配信会社に広告を依頼するクライアントは、リードメール受信者に「宣伝を見てもらった報酬」としてお金を払ってくれるのです。



始めるのにお金はかかるの?


普通にメール受信して報酬を得るリードメールを始めるのにお金は一円もかかりません。完全に初期投資ゼロで始められます。また後々投資をする必要もありません。




収入を得る方法は?


方法は二つです。
一つは、前述した「メールを受信して報酬を得る方法」

もう一つは「リードメール配信会社にアナタを通じて他の人にも会員登録してもらい、その人が発生させた報酬の一部を「別枠で」もらう方法」



それって、ねずみ講?


ヽ(`Д´)ノまったく違います。

 ねずみ講は、ダウン(つまりアナタを通じて会員になった人)が、お金を登録元に払い、あなたがその一部をペイバックしてもらう手口です。ようは、ピンハネですね。
 しかしながらリードメールは、「あらゆる報酬」は、リードメールに広告を依頼したクライアントが払うのですから、ダウンの人がお金を出す事は絶対にありえません。
 またダウンが発生させた「報酬の中から払う」のではなく「その人の報酬とは別枠で払われる」のです。ですから、ダウンさんのうわずみをかすめとるような事はしません。
 ですので、経済的には完全にノーリスクですしフェアです。そうでなければ、私もやっていませんから。


少しリードメールのシステムが分かってきましたか?
それでは、続けて実践編にいきましょう〜ヽ(゚∀。)ノ



>>リードメール実践編へ
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO